レーニア山を望み、ピュージェットサウンド湾とワシントン湖に囲まれ、緑豊かな常緑樹の「エメラルド・シティー」と呼ばれるシアトルは、ワシントン州で最も賑やかな街です。全米で目覚ましく成長している街の一つであり、アマゾン、マイクロソフトやボーイングなどの技術革新企業の拠点です。また、音楽のグランジロックの発祥の地でもあり、ジミー・ヘンドリックやニルヴァーナなどもシアトル出身です。シアトルでお会いしましょう!

ヴァション島はシアトルからフェリーで15分の自然豊かな島。芸術・文化活動の盛んな町としても知られています。第二次世界大戦前、島には多くの日系アメリカ人の農場がありました。近年、その歴史を伝えるため、当時日系人の農場であったムカイ邸の保護に力を入れており、2018年春には日系アメリカ人についての歴史の特別展示も予定されています。ハイキングなどのアウトドア活動に加え、古き良きアメリカの田舎の雰囲気が味わえます。

レッドモンド市は美しい自然と、多様な人種、豊かな暮らし、技術革新で知られおり、ホスピタリティーにあふれた活気ある町です。一昔前までは畑に囲まれたのどかな里山でしたが、今日ではマイクロソフトや任天堂など多数の技術革新企業の本拠地となっています。また、レッドモンド市内には自然豊かな公園が多数あり、市内を巡る散策路ではサイクリングやハイキングなどを楽しむことができます。

ベルビュー市はワシントン州で5番目に大きな市。100近くの公園や市内を巡る散策路、緑鮮やかな森林があり、「公園の中にある都市」と呼ばれています。ワシントン湖とサマミッシュ湖に挟まれたベルビューは技術革新とビジネスの拠点です。中心街は近代的な高層ビルが立ち並んでいます。14万人という人口は多様な人種で構成されており、教育は全米で高く評価されています。日本の八尾市と姉妹都市提携しています。

ワシントン湖の南岸に位置する美しい街、レントンにぜひお越しください。レントンは、ボーイングをはじめとした著名企業、また多様な産業を擁する経済基地です。ここで製造されたボーイング社の飛行機は1.6秒毎に世界のどこかから離陸をしています。そして、ジーン・クーロン・メモリアル・ビーチ・パークなど、レントンの公園は非常によく手入れされています。シアトル・シーホークスの最先端の練習場がワシントン湖の東に広がっています。

オーバーンは、2本の川が流れる明るい町。レーニア山のすばらしい眺めも楽しめます。ショッピング、エンターテインメント、芸能、コンサート、歴史的名所、そして数々のアウトドアが楽しめる場所です。エメラルド・ダウンズ競馬場、ホワイト・リバー野外コンサート会場、マックルシュート・カジノ、アウトレットがあり、近くにはカーレース場もあります。レーニア山の入り口としても知られ、自転車、ゴルフ、釣りも楽しめ、広大な公園と散策路も充実しています。

タコマ市は、ガラス工芸や歴史に触れる博物館地区、ポップスやテクノを楽しむ6番街周辺、ユニークなブティックが並ぶプロクター地区やスポーツやイベントで賑わうスタジアム地区など、創造豊かな活気あふれる文化の街です。また、ピュージェットサウンド湾沿いにある人口20万人の都市でありながら、すぐそばには素晴らしい自然があり、山だけでなく、海や川でも楽しめます。雨が降っていようが、タコマでは飽きることがありません!

レイクウッドへようこそ!レイクウッドはピュージェットサウンド湾の南に位置し、緑豊かな木々と穏やかな湖畔を望める住宅地が広がる町です。交通に便利な場所であり、近くを通る幹線道路は、北はカナダのバンクーバーへ、南はオレゴン州へと続いています。軍事基地とも共存し、工業団地や流通センターが産業を後押ししています。美しい公園、複数の湖、広場、歴史、ショッピング、庶民的な住宅から湖畔の豪邸など多様さが自慢です。

オリンピアは、ワシントン州の州都であり、またサーストン郡の首都でもあります。歴史的な中心街と海岸が人気スポット。州議事堂は、米国でもっとも美しいと言われています。穏やかな気候のため、戸外活動には理想的な地域です。40もの公園や充実した散策路があり、秋にはバッド海峡から登ってくる鮭を運河で見ることができます。オリンピック半島の玄関口でもあり、山でのハイキングから海岸でのレクレーションまで楽しむことができます。

ポート・タウンゼンドは、米国内でたった3つしか存在しないビクトリア洋式の港の1つと、2つの国定歴史建造物を擁しています。中心街では、ユニークなブティック、ギャラリー、飲食店、また活気に満ちた海岸通りでは、ビクトリア朝の建物や風格のある住宅をご覧いただくことができます。アウトドアが好きな方には、ハイキングやサイクリングをお楽しみいただけます。カヤックで海側から望むポート・タウンゼンドは最高です。

2017年、USAトゥデイ(米国の主要新聞)は、セクイムを「米国北西部の最良の小都市」と名づけました。人口は7,000人で、ダンジネス・リバー・バレーという谷にありますが、ファン・デ・フカ海峡とオリンピック国立公園にも隣接しています。ワシントン州西部では最も天候に恵まれ、年間雨量も16インチと、雨の少ない土地柄です。ラベンダーと有機野菜の生産、お祭り、アウトドア活動、そして新鮮な空気を誇っています。

エレンズバーグは、ワシントン州の中心に位置し、キティタス郡の中でも第一の観光名所です。絵画を思わせるスチュアート山脈に囲まれた美しい谷あいにあるこの町は、アメリカ西部の文化と、今も賑わいを見せる歴史あるダウンタウン、一年を通して楽しめるアウトドア、美味しい食事、ワインショップ、そして世界的にも有名なエレンズバーグ・ロデオで知られています。全米での高い評価を得ているセントラル・ワシントン大学もあります。

約100年前、住民運動によりハイウェイやダム、灌漑施設の建設が始まり、この地域の経済は急成長しました。その後、灌漑用水が引かれ、モーゼスレイク陸軍航空基地が建設されると、コロンビア盆地の農業とサービスの中心地、美しい湖畔の町として変貌を遂げました。日本企業をはじめ、世界の著名なハイテク企業が集まっています。現在、モーゼスレイク陸軍航空基地は三菱航空機が製造するMRJテスト飛行地として使用されています。

写真提供:Visit Seattle 他
写真は季節や天候によってイメージと異なる場合がございます。