参加費:¥7,800(交通費・入場料) ●15歳以下は¥6,800
最少催行人員:15名(先着30名)

※昼食代金は含まれていません。別途、ご案内いたします。
※身長122センチ未満の方のご参加はご遠慮ください。

東京ドーム89個分の敷地を持つボーイング社のエベレット工場は、世界最大の工場建屋としてギネスブックに認定されています。約4万人の従業員が働く名実共に世界最大のこの工場では、最新鋭のボーイング787をはじめ、777、747、767など、実際の飛行機組立ラインを見学することができます。航空ファンではなくても、存分に楽しめるシアトルならでの人気のツアーです。

参加費:¥7,500(交通費・入場料)
最少催行人員:15名

※昼食代金は含まれていません。別途、ご案内いたします。
※21歳以下の方は参加できません。

ワシントン州の豊かな緑に映えるスノコルミー滝は、ナイアガラの滝の落差を30mも上回る高さ81mの巨大な滝で、シアトル近郊の観光地として、また、90年代に人気を博したデヴィット・リンチ監督のテレビ番組・映画「ツインピークス」の舞台としても有名です。一方、ワシントン州のワインは、カリフォルニアに次いで生産量全米第2位を誇っており、その高い品質は、世界中から注目が集まっています。

参加費:¥8,800(交通費・入場料) ●11歳以下は¥7,500
最少催行人員:15名

※昼食代金は含まれていません。別途、ご案内いたします。

とある理由でシアトル発祥の地パイオニアスクエアの地下には、今は廃墟となった街が埋もれています。町の歴史を解く探検ツアーの後は、イチロー選手が大活躍したマリナーズの球場の裏側を見学するバックヤード・ツアーへ。普段は関係者以外立入り禁止となっている報道記者席、ダグアウト、特別観戦室、選手が会見で使用するインタビュー・ルームなどを見学予定です。

参加費:¥5,500(交通費・入場料)
最少催行人員:15名

※ボランティアによる昼食付き。

ワシントン州内の日系アメリカ人の数は、全米3位。日系移民たちは「日本町」を形成するほど発展しましたが、第二次世界大戦が始まったことで、その暮らしを追われ、収容所に送られました。その様子と、日系部隊の苦悩の歴史に、「日系二世退役軍人センター」や「日系人文化コミュニティーセンター」で触れるツアーです。かつての「日本町」は現在インターナショナル・ディストリクトと呼ばれるアジア系移民の町となっています。

参加費:¥3,800(交通費・入場料)
最少催行人員:15名(先着順20名まで)

※昼食代金は含まれていません。別途、ご案内いたします。

シアトル周辺は、世界最先端のIT企業や米国の主要産業が結集している地域です。私たちの生活に深く入り込んでいるアマゾン、マイクロソフト、スターバックスの他、コストコやエディー・バウアー、ノードストロム(高級デパートチェーン)、REI(アウトドア用品)などがこの地域に本社を置いています。このコースでは普段入ることのできないスターバックス本社と、コーヒー豆焙煎工場のほか、マイクロソフト本社を訪問予定です。